三鈴浪漫館絵画製作依頼

絵の制作とご依頼方法まとめ

絵画制作・依頼制作に関するお役立ち情報を画家視点でまとめました。

目次

猪立山三鈴の絵画制作入門

猪立山三鈴の絵画制作入門では、webサイトや本では見かけない制作手順や画材の選び方をご紹介。

「何が描きたいのかが分からない」、「最後まで作品を完成させられない」という方におすすめの方法です。

1枚の絵ができるまで

あいまいなイメージを最初にことばで明確に表現して、描きたい絵に仕上げます。

  1. ことばをメモしてイメージの核を決める
  2. 「たゆたう」とか「うかぶ」のように、描きたいイメージに合う言葉をメモ。

  3. 資料を調べてイメージを補なう
  4. メモしたことばに合う画材を選ぶ。

    資料を元に、描きたい言葉を表す有機物や無機物は何(誰)かを考え、表情やポーズを簡単に描いたラフスケッチを作る。

  5. 下書きをしてイメージを強める
  6. 選んだラフスケッチに、調べた資料の情報を入れて構図を細かく決める。

    仮の色も塗っておく。

  7. 本画でイメージを
  8. 描きたいものをぼやけないように最初のメモや資料を確認しながら描く。

    描き続ければいつかは完成するのであきらめない。

  9. タイトルを決めて完成
  10. 数日後、線や塗りに忘れたことはないか、イメージに合っているかを冷静に見直す。タイトルを決めて完成。

ことばで明確化→資料で補足→構図・線・色で補強→見直しで完成したら祝杯!

使用画材と選び方

お仕事かららくがきまで、いろんな場面に使える画材です。

ワトソン紙・ホワイトワトソン紙(ミューズ):アクリル・水彩・水墨(墨絵)

発色が程良い、濃淡をコントロールしやすい、表面が強く直接下書きができる

竹和紙(アワガミファクトリー)、色紙(メーカー不定):水墨・仏画

触り心地がいい、にじみがきれい

マットボード・キャンバス(メーカー不定):アクリル

樹脂を塗っても反りにくい

絵の具
固形墨:青墨・茶墨(メーカー不定)

きれいな線を引きたいとき、色に深みを出したいとき、香りに癒されたいとき

もらったものや旅先で購入。絵に思い出を込めている。

墨汁:ともしび(墨運堂)古墨(呉竹)

安定した線を引きたいとき、濃い墨が多量に必要なとき

名前買いだけど使いやすい。

透明水彩:ホルベイン、クサカベ、ウィンサーアンドニュートン、シュミンケ、ダニエルスミス

透明感や軽やかさを出したいとき、アクリル画に深みを出したいとき

メーカーによって好きな色が違うので、少しずつ買い足し。

長持ちするのでコスパは良い。

アクリル絵具:ホルベイン、アムステルダム、リキテックス

厚みや重さを出したいとき

匂いが薄く乾きが早いので油絵の具の代わりに使っている。

パッケージで選んだホルベインは粘度がお気に入り。

顔彩・水干絵具:吉祥

他の画材では出せない色と粒感を出したいとき、和の風合いを強めたいとき

水干絵の具はアクリル用メディウムで溶かします。

水彩用、油絵用、書道用、工作用刷毛など(メーカー不定)

もらった筆を使用。面白い線が引けるので痛んだ筆も手放せない。

細かいところは面相筆で描いている。

下書き
シャープペンシル・鉛筆・水彩鉛筆(2B〜4B)、消しゴム(モノブラック、モノ)

字と絵の使い分けはしない。シャープペンシルの軸は細め、消しゴムは汚れが気にならないモノブラックがお気に入り。

飽きずに使える画材選び3つのポイント
好きと感じるものを選ぶ

色・パッケージ、名前、触り心地、匂い、思い出

手に入れやすく

近所で買える、発送が早い通販で買える

価格が適当

高価過ぎない(生活は大事)、安すぎない(品質が落ちる)

紙、絵具、筆で描く。飽きずに心地良く使えるものがおススメ。

絵の完成までにかかる時間

塗り始めてから最短で30分、長いときは1ヶ月以上描いています。

制作の所要時間は画材によってほとんど変わりません。アクリルは下地作りや重ね塗りなどの作業数が多く、水彩や水墨は気に入った絵ができるまで描き直すからです。

ただし、資料の用意から構図ができるまでにその数倍の時間がかかります。

初めてのご依頼の手引き

「絵が好きだけど、依頼まではしたことがない」という方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

ここでは、中学生の方から80代の方までのお客様と作ってきたご依頼から納品の流れをご紹介します。

「お金の計算に困っている」「迷う時間に絵を描きたい」アーティストさんはお見積もりの計算式をぜひお試しください。

依頼から納品まで

  1. 依頼メールを書く
  2. 作品集やSNSに気になる絵があれば、メールでお問い合わせください。「こんな感じの絵が欲しい」みたいなざっくりとした説明でもOKです。2回目以降のご連絡はLINEやお電話もご利用可能です。個展や展示会場でのご依頼も受け付けています。

  3. 相談して描く絵と予算を決める
  4. お届け予定日絵のサイズ・内容・色・技法・額の有無などを相談して、制作料をお見積もりします。お客様のご予算に合わせた制作提案も可能です。お見積もり後、下書き提出前まではキャンセル可能です。

  5. 構図のラフスケッチ(下書き)を確認する
  6. 何枚かの作品の構図画像を送ります。修正や変更点を相談しながら、どの絵にするかを決めます。

  7. 本画(原画・データ)作成
  8. 実際の絵を作成後、画像データを送ります。

    お客様は最終確認をお願いします。

  9. 制作料を入金する
  10. 最終確認が終わったら、お支払い方法をお知らせします。お客様はご入金をお願いします。 法人のお客様の場合は契約書に従います。

  11. 作品発送
  12. ご入金を確認後、作品を発送します。飾ったり眺めたりして長く楽しんで頂けるとうれしいです。

メール問い合わせ→内容・金額・作品画像を確認→支払い→絵を観ながら祝杯!

猪立山三鈴へのご依頼におすすめの絵とその理由

日本画、水墨画の技法を使って描く美人画(和風人物画)、植物画、仏画が得意です。

古事記、万葉集、平安時代、江戸時代の風俗、神仏に関しては、所蔵する多くの図録や図版などの資料を元に描けます。植物画を描く際には大学時代に専攻していた園芸学の知識を活用します。

依頼できる絵の内容とサイズ例

10cm角の小さな絵から、2mの高さの絵までご依頼制作実績があります。

店舗・会社・ご自宅に飾る絵、ご結婚披露宴のウェルカムボード、お子さま、お孫さんの生誕記念色紙製作を承ります。

データ入稿が可能なので、CDジャケットDVDパッケージTシャツイラスト製作DMハガキ年賀状イラスト名刺・Web素材イラストレーション製作など、デザインを含めてご提案できます。すでに描いた絵を印刷物や商品に利用することも可能です。

ご依頼作品の納期

通常の納期は約2週間です。サイズ・構図・使用画材、枚数によって変わります。

お早めにご連絡頂ければありがたいのですが、〆切までの時間が足りない場合でも、できる限りご相談に応じます。

絵の金額の決め方

時給を決めて、計算しています。この方法と使うと、料金がお客様と自分自身に分かりやすく、制作料を悩む時間を絵を描く時間に回せます。

    見積もり金額(制作費)=時給×制作時間+材料費+諸経費
  • 時給=絵の難易度により設定、1,000円から2,000円程度
  • 制作時間=資料調べ+下書き+塗りにかかった時間
  • 材料費=紙+筆+絵の具+額代
  • 諸経費=送料+委託手数料+広告費
    制作料金の目安
    はがきサイズ原画
  • 白黒:3,000円、カラー:8,000円〜
  • A4サイズ(ハガキの約4倍)
  • 白黒:20,000円〜、カラー:36,000円〜
  • イラストデータ(はがき・Webサイト・ホームページ・雑誌・年賀状イラスト)
  • 白黒・カラー:5,000円〜
  • 名刺イラストとデザイン
  • 10,000円〜(デザインのみは¥6,000〜)
  • DMハガキイラスト・デザイン
  • 20,000〜(デザインのみは¥10,000〜)

価上がりの理由:構図案を増やす・複雑な構図・考証が必要・販売物である

お値引きの理由:構図案を減らす・簡単な構図・考証が不要・公共性がある

送付方法

宅配便利用にて現物発送の完成日の翌日着が可能です(福岡市南区から発送)。

データ納品

jpg、eps、gif、tiff等、指定のファイル形式で納品致します。パスワードで守られたデータをギガファイル便、またはサーバーからダウンロード可能です。

お支払い方法

国内からの送金は福岡銀行、ゆうちょ銀行、PayPay払い(50,000円まで)、現金書留がご利用頂けます。

海外からの送金は、ゆうちょ銀行口座へのご入金が可能です。

入金の確認ができ次第、完成データ、完成作品をお送りします。

法人の場合、事前に取り交わした契約書の規定に従います。

製作料金が100,000円を超える場合、料金の一部を先に頂く場合があります。

製作料延滞の場合には年14.5%の利子を頂きます。

ライヴペインティング出演

イベントやパーティへのライヴペインティングの出演を受け付けています。出演時間はご希望に合わせて調整します。

着物やスーツでのライヴペインティングもできます。

でき上がった作品を額装して店内壁画・店舗看板・室内装飾として飾れます。

パネル、紙、音楽CD、汚れ防止シートはこちらでもご用意できます。

海外からのご依頼

制作ご依頼、海外での展示のご案内や滞在制作のお誘いなどは日本語か英語のどちらかのお問い合わせをお願いします。

ご依頼・お問い合わせ・お見積もりなどのご連絡

お問い合わせページをご覧頂くか、info@misuzie.comまでどうぞ。

三鈴 | プロフィール | 作品 | 依頼 | お問合せ | ブログ | サイトマップ | リンク
©Misuzu Itateyama